デメリット|管理がおざなりになる

デメリット|管理がおざなりになる

デメリット|管理がおざなりになる 近年、埋葬方法として注目されているのが自然葬です。それは一般的に多く利用されている墓石による埋葬ではなく、樹木などの自然に遺骨を還す方法です。費用が安いことや、何よりも墓石を持った場合の大きな問題である承継者が不要であるという点で人気があります。
しかしその反面、自然葬にはいくつかのデメリットもあります。その代表的なものが管理上の問題です。墓石であれば通常、墓石を所掌する事務所が維持しますが、自然葬の場合は基本的に管理するものがいませんので、十分に維持することができません。また自然災害による被害も大きな点です。こうした災害によって樹木などが倒れたりするなどの被害があった場合、もはや手を合わせる場所がなくなってしまいます。
こうしたことから自然葬を考える場合には、メリットとデメリットを十分に比較検討して決めていく必要があります。幸いホームページなどではそれらについて詳しく紹介しているサイトもありますので、それを活用するのも有効な方法です。

民間や公的機関が運営する自然葬のデメリット

民間や公的機関が運営する自然葬のデメリット 遺体や遺灰を自然の中に還す埋葬方法を一般に自然葬と言い最近注目されていますが、その埋葬方法には散骨と樹木葬の2通りに大きく分けることができます。散骨は通常パウダー状にした骨を山や海など蒔きますが、樹木葬は民間や公的な運営機関によって運営されている霊園の一区画に樹木を植樹し、その根元に埋葬します。自然葬の魅力は墓石を作るよりもお金がかからないことが多いということや、自然に還っていけるという点を挙げることができるでしょう。
しかし、自然葬にはデメリットもあります。それは墓石というはっきり形あるものの中に残らないということです。特に海の中に蒔いてしまえば、もうお参りすることができません。樹木葬でも自然の樹木をお墓と同じように見立ててお参りするということに抵抗を感じる人もいるかもしれません。そのため自然葬を行う場合は、他の家族、親族の理解をきちんと得た上で行うことが大切で、無用のトラブルを避けることができます。

新着情報

◎2019/3/18

自然葬の種類と種類別の費用
の情報を更新しました。

◎2019/2/14

自然葬に注意
の情報を更新しました。

◎2018/12/10

親族の理解を得られなくなる
の情報を更新しました。

◎2018/10/10

自然葬のデメリット
の情報を更新しました。

◎2018/7/15

サイト公開しました

「散骨」
に関連するツイート
Twitter

散骨のお話。 先ほど 「記録員君はもしもの時どうするー?船好きだから海?」 って聞かれたので 「県立鴨池球場のライトに撒いて下さい。記録員でしたからあそこには立てなかったッスから。 なんなら石灰に混ぜて一緒に線引いてくれて嬉しいッスねぇ。」 元ムードメーカーの高校球児ッス。

Twitter田舎暮らしの記録員@levinkei1

返信 リツイート 4分前

TDLも知られてないだけで勝手に散骨されてたりすんのかな 記事みたいに派手に撒いたら大々的にニュースになって逮捕されそうだけど

返信先:@hagepiyo1604他1人 ほんと、散骨して欲しい❗ うっちゃんに頼むww

おれがねおちたら海に散骨してくれ

返信先:@ALLEN_CHA 散骨はみんな言うよね。自分も死んだらそうしてほしいなと思うし。でもあれは勝手にやったら犯罪だからダメね笑 まあ旅立つ側はその先のことはあまり考えないかもしれない。残された人たちがどうしていくかが大切さ。

TwitterReona. ex-メアリィ@meary_reona

返信 リツイート 41分前

おはようございます、新着散骨情報をお知らせします。 goo.gl/rFNvC2 #散骨 #ハワイ

Twitter散骨トレンド情報局@sannkotsu_trend

返信 リツイート 9:01

返信先:@425cronos425 散骨しとくな!!!

Twitter花粉症ズルズルのくらげ@KUR46E

返信 リツイート 8:41

衛生上、鳥葬は不可能だと思われるが、既に「散骨」という形で一部実現しているかもですね…

Twitterくをん@日本大好き!@qoo_wong

返信 リツイート 8:33

今回のファンフェスだけでなくライブやフェスでも幕張メッセと武道館は行こうとすると行けない運命になるので、もう死んだから幕張メッセと武道館に散骨して欲しいと遺言しようかと思ってる

返信先:@daily_cult3他1人 そう『アホの一つ覚え』その考えが お上の言うことだから 正しい お上にさからうな に繋がっていくんですね 共謀罪に反対といいながら安倍のいわゆる『テロとの戦い』の演出のため 麻原遺骨を太平洋に強制散骨=(ビンラディンと同じ扱いにする)とか言い 処刑の続きをやろうという