デメリット|管理がおざなりになる

デメリット|管理がおざなりになる

デメリット|管理がおざなりになる 近年、埋葬方法として注目されているのが自然葬です。それは一般的に多く利用されている墓石による埋葬ではなく、樹木などの自然に遺骨を還す方法です。費用が安いことや、何よりも墓石を持った場合の大きな問題である承継者が不要であるという点で人気があります。
しかしその反面、自然葬にはいくつかのデメリットもあります。その代表的なものが管理上の問題です。墓石であれば通常、墓石を所掌する事務所が維持しますが、自然葬の場合は基本的に管理するものがいませんので、十分に維持することができません。また自然災害による被害も大きな点です。こうした災害によって樹木などが倒れたりするなどの被害があった場合、もはや手を合わせる場所がなくなってしまいます。
こうしたことから自然葬を考える場合には、メリットとデメリットを十分に比較検討して決めていく必要があります。幸いホームページなどではそれらについて詳しく紹介しているサイトもありますので、それを活用するのも有効な方法です。

民間や公的機関が運営する自然葬のデメリット

民間や公的機関が運営する自然葬のデメリット 遺体や遺灰を自然の中に還す埋葬方法を一般に自然葬と言い最近注目されていますが、その埋葬方法には散骨と樹木葬の2通りに大きく分けることができます。散骨は通常パウダー状にした骨を山や海など蒔きますが、樹木葬は民間や公的な運営機関によって運営されている霊園の一区画に樹木を植樹し、その根元に埋葬します。自然葬の魅力は墓石を作るよりもお金がかからないことが多いということや、自然に還っていけるという点を挙げることができるでしょう。
しかし、自然葬にはデメリットもあります。それは墓石というはっきり形あるものの中に残らないということです。特に海の中に蒔いてしまえば、もうお参りすることができません。樹木葬でも自然の樹木をお墓と同じように見立ててお参りするということに抵抗を感じる人もいるかもしれません。そのため自然葬を行う場合は、他の家族、親族の理解をきちんと得た上で行うことが大切で、無用のトラブルを避けることができます。

新着情報

◎2018/10/10

デメリット|管理がおざなりになる
の情報を更新しました。

◎2018/7/15

サイト公開しました

「埋葬 自然」
に関連するツイート
Twitter

「フランスにDデイの全戦死者が埋葬されている墓地がある。白十字の墓標が地平線まで続く。私はそれを見て墓石の林だと思った。墓石の列は眩暈がするほど一直線だったので、むしろ展示場であった。人情を考慮しなければ、無数の墓石は自然とは何ら関係がない。」 ― バーバラ・キングソルヴァー

インドネシア国家は、国民を助けることを何もしなかった。自然災害が見舞った至る所で、救援作戦は、即座に巨大な商業作戦になったあらゆるものが‘商品’になる。遺骸の発掘さえも。遺体の埋葬さえも、有料で行われるのだ - 信じられないほど高い費用で。eigokiji.cocolog-nifty.com/blog/2018/10/-…

実家の山の見晴らしの良い場所に父と夫と穴を掘り、こはくをお花いっぱいの木箱に入れて埋葬してきました。 こはくの名前にちなんで、ハクモクレンの木を植えようと思ってます。自然に還ったこはくが毎年白い花を咲かせてくれるといいな。 pic.twitter.com/Wb2WQodNSG

【樹木葬】 樹木葬とは墓石ではなく、花や樹木を植えて基碑とし、遺骨はそのまま土葬にします。 自然環境にもやさしい埋葬方法として注目を集めているようです。 樹木葬のスタイル... seremoservice.com/article/detail… pic.twitter.com/6i72iLzLhu

「フランスにDデイの全戦死者が埋葬されている墓地がある。白十字の墓標が地平線まで続く。私はそれを見て墓石の林だと思った。墓石の列は眩暈がするほど一直線だったので、むしろ展示場であった。人情を考慮しなければ、無数の墓石は自然とは何ら関係がない。」 ― バーバラ・キングソルヴァー

返信先:@BESAN_T他1人 当時でも何らかの遺物が出た場合は一応調査して記録してますしそういうのがなさそうだとすれば、もとから埋葬施設は壊されてたか、うちの地元の古墳みたいに自然災害で壊れたかのどちらかかも

返信先:@makingcontact13他1人 お返事ありがとうございます。私は自分の気持ちが受け入れられるとは思いませんでしたが、治療の行き詰まりは私が気持ちを隠していることが原因ではと思い悩み、自分の気持ちを埋葬するつもりで伝えました。 ところで、患者が自分の無意識に自然と気づけるように話を進めるのは治療的だと思うのですが

「蛤とならざるをいたみ菊の露」 という漱石さまの句がありますけれども、この菊の下に埋葬した亡骸は黄雀ではなくて雀のほうだったのかしらね。 漢詩に造詣の深い方ですから埋葬をしながら、この句が自然と頭に浮かんだのかしら。 この句一つをとっても深さが伺えて素敵ですこと。

Twitter芙蓉セツ子【電氣式女學生】@FUYO_SETSUKO

返信 リツイート1 10/13(土) 23:53

「フランスにDデイの全戦死者が埋葬されている墓地がある。白十字の墓標が地平線まで続く。私はそれを見て墓石の林だと思った。墓石の列は眩暈がするほど一直線だったので、むしろ展示場であった。人情を考慮しなければ、無数の墓石は自然とは何ら関係がない。」 ― バーバラ・キングソルヴァー

【鉄仮面】ルイ14世、治世のフランスはバスチーユ監獄で死んだ囚人がつけていたとされる鉄仮面。囚人の名はユスターシュと言い、ルイ14世の異母兄弟だった。彼の死後、仮面は彼と共に墓地に埋葬される。それと時を同じくして、自然に恵まれていたその墓地は、草一つ生えない荒れ地になったという。