自然葬の情報が満載!

自然葬のデメリット|適当に行うと法律違反になる場合がある

自然葬のデメリット|適当に行うと法律違反になる場合がある お墓をたてずに海や樹木などに還す自然葬を行う場合のデメリットの一つとして挙げられるのは、適当にやってしまうと後々法律違反を指摘されるおそれがあることです。
日本では人が亡くなった場合は墓地、埋葬等に関する法律(墓地埋葬法)の規定にしたがって遺体を処理することが義務付けられています。
もし、自然葬を行いたいときは、場所については陸地であれば自治体から埋葬場所として許可を得ている所で、海域であれば日本の法令に基づく権利義務がおよばない公海上で行う必要があります。
また、陸上で行う場合であっても、海上で実施する場合であっても、遺骨は業者に頼んで粉末状にしてもらったものを撒く必要があります。
これは、遺骨の形がわかる状態で撒くと、墓地埋葬法違反だけでなく刑法の死体遺棄罪にも問われる可能性があるためです。
さらに、自然葬をしようとしている自治体に埋葬に関する条例が存在している場合はそれにもしたがう必要があります。
山林に埋葬する場合は、自治体に散骨適正化条例や環境保全条例などといった条例に規定が存在していないかどうかを必ず確認しておきましょう。

流行っている自然葬のデメリットと問題点について

流行っている自然葬のデメリットと問題点について 少子高齢化社会になった今、自分のエンディングについて真剣に考える人々が増えて来ました。
一般的には先祖代々のお墓に入る事が推奨されていますが、最近では自然葬が流行っています。
既存の価値観にとらわれたくない、なるべく子供たちに負担をかけたくない、こういった問題を避けるために積極的に海洋散骨や野山での散骨などの自然葬を選ばれる年配の男女が増加中です。
墓地に埋葬されるのではなく母なる大地に帰還するという日本人の伝統的な死生観にも合致しており、エコで低コストなのがメリットですが、一方でデメリットも指摘されています。
先ずお墓がないため自分の子どもや孫世代までは、故人の存在を覚えてくれていますが、それ以降は記憶にも記録にも残りません。
子孫に自分の存在を示せなくなるのがデメリットです。
加えて自然葬はまだ世間的に受け入れられているとは言い難い面があり、遺言書で自然葬を希望しても子供たちや配偶者から強い反対にあう事も多いです。

新着情報

◎2019/2/14

自然葬に注意
の情報を更新しました。

◎2018/12/10

親族の理解を得られなくなる
の情報を更新しました。

◎2018/10/10

自然葬のデメリット
の情報を更新しました。

◎2018/7/15

サイト公開しました

「埋葬 法律」
に関連するツイート
Twitter

[行][通達2] 行政組織内部の規則に過ぎず国民の権利義務を拘束しないことから 1.改廃が自由、法律の根拠や公示は不要 2.通達による法解釈は裁判所を拘束せず独自の見解で法令の適法違法を判断できる 3.「処分」にあたらず通達の取消訴訟提起は認められない(墓地埋葬通達事件)

Twitter公務員試験専門記述 専記bot@senki_bot

返信 リツイート 42分前

[行][通達2] 行政組織内部の規則に過ぎず国民の権利義務を拘束しないことから 1.改廃が自由、法律の根拠や公示は不要 2.通達による法解釈は裁判所を拘束せず独自の見解で法令の適法違法を判断できる 3.「処分」にあたらず通達の取消訴訟提起は認められない(墓地埋葬通達事件)

Twitter公務員試験専門記述 専記bot@senki_bot

返信 リツイート 昨日 0:01

Post Edited: 墓地、埋葬等に関する法律…火葬や墓地等に関する基本法 inherit21.com/cemetery-buria…

Twitter中川総合法務オフィス代表@NKoshin

返信 リツイート 2/15(金) 10:55

[行][通達2] 行政組織内部の規則に過ぎず国民の権利義務を拘束しないことから 1.改廃が自由、法律の根拠や公示は不要 2.通達による法解釈は裁判所を拘束せず独自の見解で法令の適法違法を判断できる 3.「処分」にあたらず通達の取消訴訟提起は認められない(墓地埋葬通達事件)

Twitter公務員試験専門記述 専記bot@senki_bot

返信 リツイート 2/14(木) 23:49

>アンティゴネーの悲劇は、兄への弔意という肉親の情および人間を埋葬するという人倫的習俗と神への宗教的義務と、人工的な法律の対立から来るものである。哲学者ヘーゲルは『精神の現象学』の人倫(Sittlichkeit)の章にて、アンティゴネーを人間意識の客観的段階のひとつである人倫の象徴として分析

【公法系科目】 〔第2問〕 【出題趣旨】 本問は, 「墓地,埋葬等に関する法律」 (以下「法」という。 )第10条第1項に基づいて, 宗教法人 Aが墓地(以下「本件墓地」という。)の経営許可を申請した場合(以下「本件申請」という。), それに 関して生じる法的な問題について,

1991年に法務省刑事局が非公式ながら「葬送のための祭祀(さいし)として節度をもって行えば違法ではない」 東京都福祉保健局のホームページ(HP)にも「国は『墓地、埋葬等に関する法律においてこれを禁止する規定はない。この問題については、国民の意識、宗教的感情の動向等を注意深く見守っていく

Twitter原発はいますぐ廃止せよ@kokikokiya

返信 リツイート 2/14(木) 11:59

Aは, 「墓地,埋葬等に関する法律」(以下「法」という。)第10条第1項に基づき, 本件墓地の 経営許可を得るため, 本件条例に基づく必要な手続を開始した。

[行][通達2] 行政組織内部の規則に過ぎず国民の権利義務を拘束しないことから 1.改廃が自由、法律の根拠や公示は不要 2.通達による法解釈は裁判所を拘束せず独自の見解で法令の適法違法を判断できる 3.「処分」にあたらず通達の取消訴訟提起は認められない(墓地埋葬通達事件)

Twitter公務員試験専門記述 専記bot@senki_bot

返信 リツイート 2/13(水) 23:51

12週を過ぎると、もう人工妊娠中絶術は、正確には人工死産となり、法律的には死産届けを区役所に出して、埋葬許可証をもらい、人工妊娠中絶した胎児は火葬処置をして、霊園に納める手続きが必要になる。戸籍には残らない。