自然葬の情報が満載!

このサイトでは年々関心が高まっている自然葬を紹介します。
大自然の雄大なサイクルの中に身をゆだねるという趣旨の埋葬方法で、遺体や遺骨を墓に納めるのではなく、土や海など自然に帰します。
日本では現在、墓石などへの納骨が一般的ですが、シンボルとなる木の周囲に散骨などを行う樹木葬や風葬、海洋葬、鳥葬、水葬などがあります。
近年は樹木葬や海洋葬を中心に再び注目を集めています。
メリットやデメリットを良く考えて判断したいものです。

自然葬のデメリット

自然葬のデメリット 自然葬はお墓を用意する費用がかかりません。
また、遺族がお墓を守ったり供養をする負担がなくなるなどのメリットがあります。
デメリットとしては散骨をすると、もう骨をもとに戻すことはできなくなる点が挙げられます。
このほか親族から理解が得られないケースもあります。
海洋葬の場合は手を合わせてお参りをする場所がなくなります。
注意したいのは、墓地ではない所に勝手に遺体や遺骨を埋めるのは「墓地・埋葬等に関する法律」により違法となります。
ただし遺骨をパウダー状にして散骨する行為はグレーゾーンとされており、法務省の見解では節度を持って行う限りはおとがめなしとなっています。
いずれにしても自分勝手な判断で行うのではなく、自然葬を手がける業者に相談することが大切です。

人気の自然葬で考えられるトラブルやデメリットとは

人気の自然葬で考えられるトラブルやデメリットとは 自分が死んだ時、お墓はどうしようか考えていませんか。
残された人に迷惑をかけたくないと思っている人がとても多いです。
そこで人気が出てきたのが自然葬ですが、必ずしもスムーズに行くとは限りません。
興味がある人はトラブルが起こらないようにしましょう。
自分では自然葬を望んでいたけれど、遺族は望んでいなかったために人間関係にヒビが入ることがあります。
実際に家族に相談せずに決めてトラブルが起こったケースがあります。
生前に契約してしまい、誰にも相談しないで全てを決めるのは避けた方が良さそうです。
遺骨を海に散骨するなどしてしまいますから、お墓を作る必要がありません。
これがメリットですが、お墓代がなかったと心無い人が言う可能性もあるので気を付けましょう。
もちろん、自然葬は遺骨が戻らないことがデメリットとも捉えられるので家族と良く相談した方が良いです。
せっかく誰にも迷惑をかけたくない、お墓に入るよりも自然に帰りたいと思ったとしても、それを遺族が理解してくれるとは限りません。
だから、生前によく家族と話し合って決めましょう。
そうすれば、以上のことを回避できます。
自分の口で家族を説得すれば、誰もが納得した上で送ってもらえます。

自然葬に関するお役立ちリンク

450年の歴史を誇る真光寺で自然葬

新着情報

◎2019/3/18

自然葬の種類と種類別の費用
の情報を更新しました。

◎2019/2/14

自然葬に注意
の情報を更新しました。

◎2018/12/10

親族の理解を得られなくなる
の情報を更新しました。

◎2018/10/10

自然葬のデメリット
の情報を更新しました。

◎2018/7/15

サイト公開しました

「埋葬 問題」
に関連するツイート
Twitter

婚姻の必要性って何処にあるのかわからなかったのですが、相続や埋葬、保険と言った社会システムや制度のせいだったのか? 婚姻に関わる優遇が全て無くなるか、好きな人を指定出来れば、別姓問題は過去に、同性婚に拘る人も減るかも知れない。 世帯が基本の日本じゃ100年かかるだろろうが。

おっぱいモデリング、貧乳にしようとしても何となくクーパー靭帯の流れモデリングしたくなってついついCカップくらいになる問題未だに解決してない。 ちなみに画像はマキュ素体2号ちゃんですハイ この後、クロスシミュレーションの実験台にされてデータの海へ埋葬されました。 pic.twitter.com/oUlifyciAi

Twitterカスミのよーさん@CGkasumiXia

返信 リツイート 2:20

人間だけの問題じゃない 「飼い犬も一緒に埋葬して」 米女性の遺言どおり、元気な犬を安楽死 #SmartNews bbc.com/japanese/48393…

『これは問題視。 保護施設でも飼い主はすぐ見つかると交渉もしていたというのに… 』「死んだら愛犬を一緒に埋葬してほしい」飼い主の遺言に従って、元気な犬が安楽死させられる。#米国東部 #健康な犬を安楽死 #飼い主の遺言に従い #シーズー犬 #動物愛護法 huffingtonpost.jp/entry/story_jp…

RT @ryukyurockstyle: 今帰仁村の百按司墓(むむじゃなばか)へ行って参りました。 ここは第一尚氏時代の按司(あじ)達が埋葬された地です。 しかし、その遺骨が1929年に京都大学の研究者によって盗まれ、現在も返還されてません。 その問題について、6/1に松島泰勝…

遺言の解釈の問題とかではなく、本当に安楽死させてから埋葬してくれって遺言っぽい

返信先:@okokihc 誰にでも必ずやって来る終活問題。そして現在の社会問題の一つでもある。家長制度の中では長子は先祖代々に埋葬するのが一般的だけど、核家族が進み実家から離れた場合それが良いかどうか分からない。因みに我が家は新家ですので、先祖代々には入る事が出来ないのです。

Twitterな☆ま★ぶ🌙です(バ☆ナナマンだぁぁぁ)@Busstop1235

返信 リツイート 昨日 11:26

色々悲しい話だが要は死亡した飼い主のペット問題。 管理者の死後、ペットの里親が期限の2週間以内に見つからなかった為に安楽死処分されて遺言通りに合葬されたという事実。 孤独老人のペット問題に通じる。 →「愛犬と一緒に埋葬を」 元気だった犬、遺言に従って安楽死 米 cnn.co.jp/usa/35137378.h…

Twitterもふ@( °ω° )ア-ナンダ卍ソレ@mofumf

返信 リツイート 昨日 9:00

「伝統が」という理由で合葬墓に抵抗を持つのであれば、神国の歴史上ニッポニアよりジョウモニアだった頃の方が圧倒的に長くその中である程度まとまった期間そういう埋葬が行われていたので、伝統的にも特に問題はなさそうですよ

Twitter瑪爾斯可汗(マールス・カガン)@kimovoticus

返信 リツイート 昨日 8:52

このペットと一緒に墓に埋葬することが認められる州と認められない州があるのは、宗教的な問題なのか? 「愛犬と一緒に埋葬を」 元気だった犬、遺言に従って安楽死 米 cnn.co.jp/usa/35137378.h… @cnn_co_jpより

Twitterma-kun@泥沼脱出作戦発動中@makun12039728

返信 リツイート 5/23(木) 23:50