自然葬の情報が満載!

このサイトでは年々関心が高まっている自然葬を紹介します。
大自然の雄大なサイクルの中に身をゆだねるという趣旨の埋葬方法で、遺体や遺骨を墓に納めるのではなく、土や海など自然に帰します。
日本では現在、墓石などへの納骨が一般的ですが、シンボルとなる木の周囲に散骨などを行う樹木葬や風葬、海洋葬、鳥葬、水葬などがあります。
近年は樹木葬や海洋葬を中心に再び注目を集めています。
メリットやデメリットを良く考えて判断したいものです。

自然葬のデメリット

自然葬のデメリット 自然葬はお墓を用意する費用がかかりません。
また、遺族がお墓を守ったり供養をする負担がなくなるなどのメリットがあります。
デメリットとしては散骨をすると、もう骨をもとに戻すことはできなくなる点が挙げられます。
このほか親族から理解が得られないケースもあります。
海洋葬の場合は手を合わせてお参りをする場所がなくなります。
注意したいのは、墓地ではない所に勝手に遺体や遺骨を埋めるのは「墓地・埋葬等に関する法律」により違法となります。
ただし遺骨をパウダー状にして散骨する行為はグレーゾーンとされており、法務省の見解では節度を持って行う限りはおとがめなしとなっています。
いずれにしても自分勝手な判断で行うのではなく、自然葬を手がける業者に相談することが大切です。

人気の自然葬で考えられるトラブルやデメリットとは

人気の自然葬で考えられるトラブルやデメリットとは 自分が死んだ時、お墓はどうしようか考えていませんか。
残された人に迷惑をかけたくないと思っている人がとても多いです。
そこで人気が出てきたのが自然葬ですが、必ずしもスムーズに行くとは限りません。
興味がある人はトラブルが起こらないようにしましょう。
自分では自然葬を望んでいたけれど、遺族は望んでいなかったために人間関係にヒビが入ることがあります。
実際に家族に相談せずに決めてトラブルが起こったケースがあります。
生前に契約してしまい、誰にも相談しないで全てを決めるのは避けた方が良さそうです。
遺骨を海に散骨するなどしてしまいますから、お墓を作る必要がありません。
これがメリットですが、お墓代がなかったと心無い人が言う可能性もあるので気を付けましょう。
もちろん、自然葬は遺骨が戻らないことがデメリットとも捉えられるので家族と良く相談した方が良いです。
せっかく誰にも迷惑をかけたくない、お墓に入るよりも自然に帰りたいと思ったとしても、それを遺族が理解してくれるとは限りません。
だから、生前によく家族と話し合って決めましょう。
そうすれば、以上のことを回避できます。
自分の口で家族を説得すれば、誰もが納得した上で送ってもらえます。

自然葬に関するお役立ちリンク

450年の歴史を誇る真光寺で自然葬

新着情報

◎2018/10/10

デメリット|管理がおざなりになる
の情報を更新しました。

◎2018/7/15

サイト公開しました

「埋葬 問題」
に関連するツイート
Twitter